最新の補聴器

薬と聴診器

補聴器とは、聴覚に障害がある人が聞き取りをする際に、少しでも聞きやすいように補助してくれる器具の事を言います。
マイクロホンとアンプ、レシーバーの3つで構成されています。
単純に音を増幅するだけではなく、聴力に合わせて調整が必要で、大きな音がした時にその音量を制限出来る機能も付いています。
補聴器には様々な種類が存在します。
代表的な物としては、耳かけ型やポケット型等があります。
前者の耳かけ型とは、耳の外に張り出している耳介という部分に引っ掛けて使うタイプの物です。
小さくて邪魔になりにくいです。
後者のポケット型は、耳穴に入れる物とアンプが含まれているケースの2つで成り立っています。
このタイプは聴覚障害が重度な人が使う事が多いです。

補聴器は聴覚に障害がある人にとっては、心強い味方となってくれる器具です。現在では種類も豊富で、取り扱う専門店も増えてきています。
実際に使用を考えている場合には、こうした専門店で相談をするのが良いです。ただ、補聴器は購入となるとそれなりの価格がしてしまいます。
ピンからキリまでありますが、一般的には片耳で15万円程度する事が多いと言われています。これが両耳となると、かなりの値段となります。
しかも、せっかく購入しても自分に合わない場合も考えられます。そこで一つの手段として、レンタルを活用するという方法があります。
現在では購入のみならず、レンタルを取り扱っているお店も増えています。レンタルの場合には、1カ月に片耳で4千円程度で使う事が出来ます。
購入を考えている種類をレンタルして、使用感を確認してみるのも賢い方法だと言えます。